腸がカチカチ 便が出ない 動かない 便秘 症状 改善方法

腸がカチカチ、便が出ない、動かない便秘の症状の改善方法

スポンサーリンク

 今回は便秘で腸がカチカチ!動かない!便が出ない!についてです。
 日常的に体を動かすことが少なく、いろいろなストレスが原因で、常に緊張状態が続くと便秘になることが多いといわれています。便秘になれば、腸もカチカチに硬い状態になってしまいます。
 毎日スッキリと排便するには、カチカチに硬い状態の腸をリラックスした柔らかい状態の腸にすることが重要なポイントです。
 今回は、現代生活で陥りやすい便秘の原因や症状や便秘の改善方法について書いていきます。

 

 まずは、運動不足を解消することです。
 リラックスして運動すると、腸も活性化していきます。そうなると、自然と便を排出できるようになります。
 運動不足を解消する上で重要なことはリラックスした状態で楽しみながら、運動をすることです。楽しみながら運動することによって、腸も自然と動くようになります。
 単純に、機械的、義務的にジョギングや運動をしても、心の底からリラックスしていないと便秘改善効果は少ないといわれています。
 運動することを楽しむことです。
 大勢で一緒に楽しめるテニスやフットサルのような球技がおすすめできます。

 

 次の便秘の解消方法は便意を我慢しないことです。
 直腸内に便が溜まると便意を催すようになります。この便意を無視していると、やがて便意を感じなくなってしまうのです。
 仕事の忙しさ等でトイレに行けずに我慢してしまうと、便秘が習慣化します。そして、便秘が悪化するという悪循環につながるのです。
 便意を感じたら、迷わずトイレに行くことです。

スポンサーリンク

 その次の便秘改善方法は.夜型の生活をなおすことです。
 現代社会では、どうしても夜遅くまで起きているという生活リズムになってしまうことはやむを得ないのかもしれません。
 しかしながら、本来の人間の生活リズムは日の出とともに起きて、日の入りとともに寝るというものです。
 日の入りとともに寝るというのは無理だと思います。ですから、ことわざで言うような早寝早起きが理想的な生活リズムに近いものなのだと思います。
 早寝早起きによって、自律神経が安定していきます。その結果、自然な排泄が期待できるのです。
 早起きは三文の得ということわざは、便秘改善にも当てはまるようですね。

 

 最後の便秘の症状の改善方法は.ストレスを重ねないことです。
 仕事関係の悩みや人間関係での悩みのように、現代社会ではいろいろな場所でストレスを感じることが多いといわれています。
 ストレスによって自律神経が乱れるち、腸の働きが低下してしまいます。その結果、便秘になることもよくあることなのです。
 こんなときには、思いっきり笑ってみることです。
 笑うことでリラックスします。そうすることで、自律神経が整います。その結果、腸の動きが活発になって、便秘の症状が改善されるといういいスパイラルが生じます。
 また、大きな声で笑うと腹筋も鍛えられます。そうなると、便秘解消に貢献します。
 笑い療法という病気の治療法が、最近注目されてきています。たとえば、医師が患者相手に落語をすすめるということもあります。
 笑うとナチュラルキラー細胞が活性化されます。その結果、免疫力が向上するメカニズムがあることは知られるようになっています。
 笑うことは便秘だけでなく、ガンなどの生活習慣病にも効果的だと言われています。
 落語家みたいに上手に締めれば、笑う門には福来たるということです。お後もよろしいようで・・・・。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加