便秘 原因 症状 便秘改善 便秘解消方法

便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法

 

 当サイトでは便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法について、書いていきたいと思います。
 便秘の種類や原因や症状についてです。

 

 そもそも便秘とはどんな症状のことを言うのでしょうか?
 一般的には、便秘とは3日以上排便がない状態をいいます。
 しかし、毎日排便がある場合でも、排便時に苦痛や残便感などがあれば便秘ということができます。
 逆に、毎日排便しなくても、苦痛や残便感などを特に感じていなければ、便秘とはいえないこともあります。
 日本内科学会では、便秘の定義を「3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態」としています。

 

 では、便秘の定義は分かりましたが、便秘の種類と原因はどんなものがあるでしょうか。
 便秘は機能性便秘と器質性便秘に分類ができます
【機能性便秘】
 機能性便秘とは大腸の働きが低下して便秘になるものです。一般的に便秘と呼ばれているものは機能性便秘のことを示しています。
 機能性便秘の症状としては、お腹の張りや痛み、残便感、便が硬くて小さい、食欲低下などがあります。
 機能性便秘はさらに3種類に分類できます。
 一つ目は、)弛緩性便秘(しかんせい)です。これは大腸の蠕動運動が低下することで起こる便秘です。
 便が大腸内に長く停滞すると、水分が過剰に吸収されます。そして、便が硬くなってしまいます。
 弛緩性便秘の原因ですが、水分や食物繊維の不足、運動不足や加齢等での腹筋力の低下、ダイエットなどが原因と言われています。
 弛緩性便秘は最も多くの方に見られる便秘です。その中でも、特に高齢者や女性に多いといわれています。

 

 二つ目は痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)です。
 これは大腸の蠕動運動が不規則に活発になりすぎることが原因で起こる便秘のことを言います。
 痙攣性便秘の症状として、便秘と下痢を交互に繰り返すことがあります。
 痙攣性便秘の原因はストレスによる自律神経の乱れ、睡眠不足、生活環境の変化等が原因になります。
 痙攣性便秘が重症化すれば、過敏性腸症候群になってしまうこともあります。
 痙攣性便秘は便意を感じてもなかなか排便できないということがあります。やっと排便できたとしても、水分不足なコロコロした便しかでないということがあります。
 また、排便後も残便感を感じることが多く見られます。
 痙攣性便秘は精神的ストレスが多く、睡眠不足になりやすい男性に多いと言われています。
 三つめは直腸性便秘(ちょくちょうせいべんぴ)です。
 直腸性便秘は直腸内に便が溜まっても、便意を感じなくなっていうることが原因で発生する便秘です。
 直腸性便秘の原因は便意を我慢すること並びに便秘薬、下剤及び浣腸を常習したりすることだと言われています。

 

【器質性便秘】
 器質性便秘は大腸ガンや腸閉塞などの病気が原因で、腸内での便の通過障害が発生することによって起こる便秘です。
 血便や激しい腹痛などがあれば、すぐに医師の診断を受けることです! 
 なお、器質性便秘では、消化管穿孔のおそれがあることから下剤は使用できません。

 

 このように便秘と一言で言っても様々な症状がありますので、自分の便秘の状態をよく確認して、症状に合った対処をしていきましょう。
 いくつかの種類の便秘を併発している場合もあります。したがって、不安な場合には専門医の診断を受けるようにしましょう。
 近年では、便秘外来を設けている医療機関もあります。

 

 このように当サイトでは、便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法について、書いていきます。お役に足てればうれしいです。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加