肺に水がたまる 病気 原因 治療 余命

肺に水がたまる病気や原因や治療(余命・癌・肺がん・高齢者・心不全)記事一覧

肺に水がたまるといった場合で最も多い原因となるのが肺水腫です。 肺水腫とは肺胞の周囲の毛細血管から血液の液体成分がしみ出して肺胞の中にたまってしまう病気です。 肺水腫には心臓の異常が原因で起こる心原性肺水腫と心臓の異常以外の原因で起こる非心原性肺水腫の2つのタイプがあります。肺水腫になると肺胞内にたまった液体が酸素と二酸化炭素の交換を邪魔するため、酸素を体内に取り込みにくくなります。そのため、息切...

 日本で死亡率が最も高い病気になっていて、3大疾患とも呼ばれている病気にはがんがあります。がんは、一度なってしまうことによって再発してしまう可能性も出てくるほど恐ろしい病気です。特に男性の死因で最も多くなっているのが肺がんになっています。男性の死因で最も多いのが何故、肺がんになっているかというと男性の場合は、タバコを吸う人が多いのが関係しています。ですので、タバコに含まれているニコチンやタールなど...

 体の細胞は、普段は必要な分だけが分裂しながら増加していき、古くなってくると壊れるといったバランス過程でバランスが保たれていることになります。ですが、この過程が狂ってしまうことによって細胞が増えすぎてしまって塊を形成してしまうことがあります。これががんになっています。肺はんは名前の通りに肺に起きてしまうがんになっていますが、肺から発生してしまうことになるがんのこと全般を指していることになります。肺...

 肺に水がたまる病気はいくつかあります。代表的なものは心不全、腎不全、肺炎、胸膜炎、肺癌などです。では、どのようにして肺の中に水がたまるか説明します。元々肺の中では体液が出入りする事で栄養の循環や、老廃物の回収などが行われています。その体液を肺の中にしみ出させる働きと吸収、あるいは回収する働きが通常の人体ではバランスよく行われているので、水がたまる事がないのです。ところが上記に挙げた病気などによっ...

 肺に水がたまる病気の1つに肺がんがあります。肺がんを発症するとほぼ全身にがんが転移する可能性がありますが、肺を包んでいる胸膜に転移するとがん性胸膜炎を発症します。がん性胸膜炎を発症すると咳や胸の痛みなどの症状が現れるようになりますが、症状が進行すると胸水という液体が胸腔にたまるようになります。胸水がたまると肺が圧迫される感じがしたり、軽い動作でも息切れをするようになったり、軽い咳が出たりするなど...

 肺がんは、がんと呼ばれる病名の中でも最も代表的ながんの一つです。一口に肺がんといっても、がん細胞が発生するパターンについては色々なケースが考えられます。そのため、肺にできるがんがどのようなタイプに該当するのかを医師は見極めておく必要があります。 肺にできるがんには、大きく分けると肺や気管支などを覆っている細胞である上皮細胞から発生するタイプのがんと、それ以外の細胞から発生するがんとに分かれていま...

 肺に水がたまってしまうことがあります。肺に水がたまる病気としては、主に肺炎に最も多く見られている症状になっていますが、高齢者に多くなってきています。その中でも胸膜炎と呼ばれている病気があり、これは胸膜に炎症が発生してしまっている病気になっています。どのような症状が起こるかというと胸に痛みを感じるようになったり、肺に水がたまってしまうという症状になっています。肺炎などが併発してしまって発症してしま...

 肺に水がたまると言えば、重大な病気なのではないか、と考える人が少なくありません。これは一面において事実です。 しかし、その原因を理解することで治療が可能になってきます。 まず考えられるものとしては、肺水腫があります。これは分かり易く言えば、肺を覆っている膜に水がたまる状態を指します。 これには二つのタイプが存在します。心臓が悪いせいで起きるものと、それ以外の理由で起きるものです。 この病気は心肺...

 心臓は全身に血液を送る大切な役割を担っています。 血液には、身体を維持するために必要な酸素や栄養分が含まれています。全身を回った血液は筋肉や臓器を巡り、心臓に戻ってきます。これを血液循環といいます。このため、心臓の機能が低下すると血液循環がうまくいかなくなり、心臓から送り出される血液の量が減ります。身体は正常な状態を保とうとして心臓を大きくしたり、心拍数を上げたり、手足の血管を収縮させたりします...