便秘 原因 症状 便秘改善 便秘解消方法

心臓に水がたまる原因や症状や治療(病名・余命)記事一覧

医者から「心臓に水がたまっている」と聞かされたら驚いてしまいますが、心臓に水がたまるという表現は実はあまり正しくないと言われています。 実際には心不全によって心臓のポンプ機能が低下してしまって、心臓と直接血管で繋がっている臓器である肺に水分が溜まって肺水腫になっていたり、肺の外側にも水分が溜まる胸水になっていることが主な原因です。心筋梗塞や心筋症、心臓弁膜症が原因となって肺に水が溜まっており、心臓...

 心臓に水がたまるということは、あまり耳にすることがないですが、時として患者さんの家族に対して医師が心臓に水がたまるといった表現を使われる場合があります。ですが、実際には心臓に水がたまる病気は存在しません。医学の知識が乏しい患者さんに医師が全てを理解させるために話すことができるわけでもなく、あくまでも患者さんに分かりやすいような話し方をしてくれます。心臓の機能が低下してしまって上手く全身に血流が回...

 健康状態に問題がなければ、心臓に水がたまる症状がでることはありません。また、心臓に直接水がたまるのではなく、心臓の周りの膜に水がたまっていくケースが多いです。症状は人によって違い、急に水がたまることもあれば、ゆっくりとたまっていくこともあります。ただし、心臓に水がたまる状態になっていれば早めに治療したほうがいいです。心臓ですので、急に悪化してしまうこともありますので医師に状況を聞いてみるとよいで...

心臓に水がたまることは、正しくは心臓の内部に水がたまるのではなく、心臓の外側に水がたまるということです。心臓は外側を心膜で覆っており、何かしらの影響で心臓と心膜の間に水がたまります。健常な状態であれば水がたまることはありませんので、水がたまることは病気に罹患していることになります。心臓と心膜の間に水がたまるような状態には、いくつか原因があります。心膜に炎症がおきると組織液が漏出して水がたまることが...

 心臓に水がたまる原因は、心臓の機能が低下して排出する機能が上手く働かくなったこことによって水がたまります。主に心筋梗塞といった心臓疾患から発症していることが多く、治療としてまずは、心臓の水や身体のむくみなどを少なくするために摂取する水分量を制限します。一日に摂取する水分量が決まっており、摂取するごとに分量を記録するなどし、体内の水分量を管理することによって心臓に水がたまるのを防ぎます。主にこの治...