マグネシウム 便秘 効果 サプリメント

マグネシウムと便秘と効果とサプリメント

スポンサーリンク

 今回はマグネシウムは便秘に効果的なサプリメントについてです。
 機械性下剤の塩類下剤に分類される下剤というものがあります。その中にはマグネシウムを主成分とした便秘薬もあります。 
 今回はこのマグネシウムに焦点をあててお話しします。
 まずは、マグネシウムとはそもそも一体どのようなものなのかについてです。
 中学の理科の時間でマグネシウムについて習ったと思います。金属元素の一つで元素記号はMgです。
 マグネシウムは人間には必須のミネラルです。マグネシウムは多くの食材にも含まれています。
 最近では、マグネシウムはミネラル成分の一種として、サプリメントや清涼飲料水などに添加されることも多くなっているようです。
 次に、マグネシウムの働きについてです。
 一般的には、マグネシウムはタンパク質の合成やエネルギー代謝などの生体機能に必須な元素です。マグネシウムが欠乏すると心疾患・骨粗しょう症・筋肉の収縮異常などの病気の原因の一つになってしまうといわれています。また、酸化マグネシウムが便秘の症状に対しての効果があるといわれています。

 

 その次に、マグネシウムを多く含んでいる食材についてです。
 マグネシウムは種実類、海藻類、種実類、豆類、魚介類などに多く含まれているといわれています。
 種実類とはひまわりの種、ごま、アーモンド、落花生などに含まれています。
 海藻類とはあおさ、青海苔、ひじき、昆布などに含まれています。
 豆類とはきな粉、大豆、油揚げ、納豆などに含まれています。
 魚介類とは干しエビ、桜エビ、いわし、するめなどに含まれています。

スポンサーリンク

 その次の次に、酸化マグネシウムが便秘改善に効果的な理由についてです。
 酸化マグネシウムが便秘対策に効果的な理由は、大腸内で水分が吸収されるのを抑えます。そのことによって、便が軟らかくなるのです。
 便が軟らかく膨らんだ状態になることで、大腸が刺激されます。その結果、蠕動運動が活発になります。そして、排便が促されるというメカニズムなのです。

 

 最後に、.酸化マグネシウムの副作用についてです。
 マグネシウムを食品として、一般的に摂取しているのであれば、マグネシウムの過剰摂取になることはないでしょう。
 サプリメントとしてマグネシウムを摂取している場合に過剰摂取になることがあります。その場合は、下痢や軟便になりやすいようです。
 ただ、過剰に摂取したマグネシウムは下痢や軟便と一緒に排泄されるといわれていますので、大きな副作用にはならないともいわれています。

 

 なお、マグネシウムはカルシウムと一緒に働いているということがあります。マグネシウムとカルシウムのどちらが不足しても健康に悪影響を与えてしまうといわれています。
 マグネシウムとカルシウムの摂取量のバランスは1対2が良いといわれているのです。
 また、日本人の平均的な食事ではマグネシウムが不足するようです。その上、カルシウムの摂取量が多すぎる傾向にあるようです。
 ですから、普段の生活からマグネシウムを意識的に摂取するようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

便秘解消と毎朝快便方法!
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
便秘解消に効果のあるツボ
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
整腸剤ビオフェルミンが便秘解消に与える意外な効果とは!?
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。