夜の牛乳 便秘解消 効果

夜の牛乳が便秘解消に与える意外な効果とは!?

スポンサーリンク

今回は夜の牛乳が便秘解消に与える意外な効果についてです。
 朝すっきりと目覚めるためには、夜寝る前に牛乳を飲むという方法が知られています。
 牛乳には乳糖やオリゴ糖が含まれています。これらは腸内の善玉菌の餌となって、善玉菌を増やすという働きがあります。
 善玉菌が優勢な状態になると、腸内環境が活性化されます。そのことによって、スムーズな排便が期待できるといわれています。
 朝や昼間であれば、冷たい牛乳を飲むことも効果的です。しかし、夜寝る前には冷たい牛乳を飲むよりも、温めた状態のホットミルクを飲むことをおすすめします。
 牛乳を温めて飲むことで、体が温まります。その結果、安眠効果もあります。また、自律神経を整えることができます。それらが、便秘解消につながるのです。
 カルシウムやトリプトファンという成分が牛乳には含まれています。そして、牛乳を温めて飲むことで、カルシウムやトリプトファンを体内へ効果的に吸収できるのです。
 カルシウムにはストレスや興奮を抑える効果があります。そして、リラックスさせる効果もあります。
 トリプトファンは必須アミノ酸の一つです。トリプトファンは脳内物質であるセロトニンの材料となるといわれています。そして、セロトニンが睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌を促すのです。
 このカルシウムとメラトニンの相乗効果が、自然な眠りにつくことを促すのです。

スポンサーリンク

 牛乳を飲むタイミングとしては、睡眠する1時間前くらいに飲むと効果的だと言われています。その理由は、セロトニンが生成されて、メラトニンを分泌させる時間が必要だからです。
 さらに、腸内の善玉菌の餌となるオリゴ糖を混ぜることで、よりいっそうの効果が期待できます。
 また、食物繊維が豊富に含まれるきな粉を牛乳に混ぜることも効果的でしょう。
 ただ、牛乳を飲み過ぎると下痢を起こしたりすることがあります。また、睡眠中におしっこに行きたくなったりしてしまいます。ですから、牛乳を飲む量はコップ1杯程度がいいといわれています。
 特に、乳糖不耐症の人は消化不良や下痢を起こしやすいといわれています。注意することが必要ですが、乳糖を分解しているアカディ牛乳のようなものがありますので、探してみてください。
 また、夜寝る前に牛乳を飲むことは、骨粗しょう症の予防にもなるので、その点からもおすすめです。
 その理由は、骨の形成に必要な成長ホルモンは夜に多く分泌されるからです。ですから、骨の材料となるカルシウムは成長ホルモンが多く分泌される夜に合わせて、摂取すると効果的だといわれているのです。
 40から50代以上の女性は骨そしょう症が気になるでしょうから、その点からも夜の牛乳はおすすめではないでしょうか。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加