お腹に水がたまる 病気

お腹に水がたまる病気について

スポンサーリンク

 病気の中には、お腹に水がたまる病気があります。
お腹に水がたまることを、腹水といいます。
腹水は、大きく分けて2種類あり、炎症からくる腹水と、非炎症の腹水です。
この場合の炎症とは、細菌性やガン性の腹膜炎、消化器系、卵巣、子宮のガンによるものです。
非炎症の腹水は、肝硬変などによるものです。
原因によって腹水の色や成分が違います。
腹水は、健康な状態でも存在しています。
病気によって腹水の量が増え、1リットル程度になると自覚症状が出てきます。
お腹の張りや、食欲不振などです。
さらに量が増えると息苦しくなってしまうこともあります。
肥満の状態では気付きにくいこともありますが、手足がむくんでいたり、他の異変が出ていることがあります。
見分け方として、お腹を引っ込めようとしても引っ込まないときは、腹水が溜まっている可能性があります。
お腹に水が溜まっている状態を放置していると、病気が進行してしまいます。
腹水を自覚したり、違和感を感じるなら病院で検査を受けるべきです。

スポンサーリンク

 

お腹に水がたまる状態になってしまったら、直接抜く方法があります。
お腹に専用の器具を用いて腹水を抜きます。
大量に水が溜まっている場合、抜くことで一時的に体が楽になりますが、元になっている病気が治らない限り、時間がたてばまた腹水は出てきてしまいます。
体の中の水分を調節するために、利尿剤を使用する方法があります。
肝硬変やガンなどで肝機能が落ちていると、アルブミンというタンパク質が十分に作られず、それが原因で腹水が溜まってしまいます。
なので、利尿剤の使用と共にアルブミンを投与します。
現在では、腹水から必要な成分を抜き取り、再び体の中に戻すという治療法があります。
腹水には体に必要な成分や栄養が溶けていて、腹水を抜いてしまうことは体力を消耗してしまい、全ての人にできる治療ではありません。
また、人によっては、水分調整の薬が使えない場合もあります。
腹水を戻すことで体への負担が減り、腹水の原因となっている病気の治療を再開できたという事例もあります。
以上の治療法があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お腹に水がたまる症状があれば医療機関で調べてもらう
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。