心臓に水がたまる 余命

心臓に水がたまるという表現は余命が少ないということ

スポンサーリンク

 心臓に水がたまるということは、あまり耳にすることがないですが、時として患者さんの家族に対して医師が心臓に水がたまるといった表現を使われる場合があります。
ですが、実際には心臓に水がたまる病気は存在しません。
医学の知識が乏しい患者さんに医師が全てを理解させるために話すことができるわけでもなく、あくまでも患者さんに分かりやすいような話し方をしてくれます。
心臓の機能が低下してしまって上手く全身に血流が回らなくなってしまうと人間の代謝機能に不具合をきたしてしまい、さらには心臓のポンプ機能も低下してしまうことになります。
この症状は心不全と呼ばれています。
心不全になってしまうと心臓に存在している血液で心内の圧力が上昇していくことによって肺内に血管を通じていくことによって水分が流れ込んでしまうことになり、肺水腫を作ることになります。
この機能は心臓機能低下により、起こるものになっていて何らかの病気が原因となってしまい、心臓機能が低下してしまいます。
そして、最終的には心不全となってしまい、死亡してしまうことがあります。

スポンサーリンク

 

心臓に水がたまると言われている状態になってしまっている場合、余命が長くないという状況にあることになります。
すでに進行してしまっている状態になっていて手の施しようがないという病気の場合は、結果として症状は悪化してしまい、心臓機能へも不具合を起こしてしまって心不全を引き起こしてしまうことがあります。
このような場合には、余命は数日から1ヶ月程度となっていますが、1ヶ月の間は意識がない状態になっていて、生命維持をされることが多くなっています。
心臓に水がたまるといった表現は、終末期を表現する言葉になっていて患者さんの家族や親族などとの対面を促す場合に使われることになります。
ですので、心臓に水がたまるといった表現を医師がされたらもう余命が少ないということになってきます。
医療においては、エビデンスといった言葉があり、エビデンスは根拠になっていて、治療効果を裏づけてくれる言葉になっています。
これは、病気は因果関係が原因となってくるので、それに基づいて治療が行われることになります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

心臓に水がたまる原因とは
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
心臓に水がたまる症状があれば治療を受ける必要があります
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
心臓に水がたまる症状の病名とは
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
心臓に水がたまると水分制限の治療が行われます
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。