肺に水がたまる病気 高齢者

高齢者に多い肺に水がたまる病気

スポンサーリンク

 肺に水がたまってしまうことがあります。
肺に水がたまる病気としては、主に肺炎に最も多く見られている症状になっていますが、高齢者に多くなってきています。
その中でも胸膜炎と呼ばれている病気があり、これは胸膜に炎症が発生してしまっている病気になっています。
どのような症状が起こるかというと胸に痛みを感じるようになったり、肺に水がたまってしまうという症状になっています。
肺炎などが併発してしまって発症してしまうことが多いですが、癌や結核といった後に発症してしまうことも多くなっています。
ですので、肺に水がたまる病気として考えられる一つとしては、続発性胸膜炎が考えられます。
これは高齢者に多く見られている病気となっていますが、何も異常がないという場合には、少量に液体がたまってしまっている状態になっています。
ですが、この周辺にある臓器が肺炎といった病気になってしまうことによって胸膜に炎症が発生しまうことになります。
その結果として咳や息切れ、深呼吸をした際に胸に痛みを感じるようになってしまいます。

スポンサーリンク

 

肺に水がたまる病気として考えられる一つとして肺がんがありますが、肺がん以外にも考えられる病気はあります。
また、供水が増えてしまうことによって呼吸困難をなってしまうこともあります。
ですが、自覚症状がない場合もあります。
高齢者に多く見られていて病院では胸部X線検査だったり、CT検査が行われることになります。
その他にも胸水も検査も行われることになります。
この場合には、針を刺すことによって胸水を採取して調べることになります。
ですが、量が多い場合、胸部にチューブを挿入することによって抜き取るといった方法が行われる場合も出てきます。
原因として考えられるのは、何かしらの病気が関係していることがほとんどになっています。
治療は、その原因がどこにあるのかをまずはしっかりと調べることが始まることになります。
ここで的確な治療を行っていくことによって胸にたまってしまっている水を解消していくことが可能になっています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

肺に水がたまる原因とは
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
肺に水がたまることと余命について
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
肺に水がたまる病気と原因
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
肺に水がたまるほど癌が進行しても
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
肺に水がたまる病気には肺がんなどがある
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
肺がんで水がたまる状態の場合に起きる症状及び余命について
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
肺に水がたまる病気とその治療法
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
心不全で肺に水がたまる仕組みと改善方法
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。