足に水がたまる 治療

足に水がたまる症状や原因、治療について

スポンサーリンク

 足に水がたまるという症状は、膝でよく起こります。
足に水がたまっているときに、何が起きているのかというと、炎症が起きています。
関節の中には、滑液というものがあります。
滑液には、衝撃を吸収したり、軟骨の栄養源になるなどの働きがあるほか、炎症が起きたときに関節を治すために多く分泌されたり、炎症の原因となる異物を流すために増えることがあります。
この滑液が多くなっている状態が足に水がたまるということです。
関節に炎症が起こる原因は、クッションとなる軟骨が減り、骨同士がぶつかってしまうことです。
これは、加齢により関節が劣化しているために起こりやすくなります。
小さな軟骨のかけらが異物となり膝関節で炎症となることもあります。
病気が原因で炎症が起きていることもあります。
リウマチや、変形性膝関節症などがあります。
その他に、膝を酷使するスポーツやその練習など運動やケガ、立ちっぱなしや歩き仕事でも炎症はおこります。

スポンサーリンク

 

足に水がたまると、腫れたり、痛みが出ます。
歩いたり、曲げ伸ばしや正座がしづらかったり、痛みを感じます。
水がたまっていると、触るとぶよぶよとする特徴があります。
治療法は、水を抜くことです。
水を抜くことで痛みが和らぎますが、しばらくは安静が必要です。
抜いた水の色などから原因を調べます。
原因に合わせて投薬で治療をします。
リウマチや、関節の病気の場合、人工関節に置き換えるなど手術による治療法もあります。
水を抜く対処法は一時的な対処法なので、原因を治さない限り炎症が起きて水がたまってしまいます。
打撲によっても水がたまることがあります。
放っておくと重症化することがあります。
応急処置として、アイシングする方法があります。
氷水で、水がたまっている関節を10分から15分冷やすことを繰り返します。
太もものマッサージやツボ押し、ストレッチで自然治癒を促す方法もありますが、痛みがあるときは病院での受診をするべきです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

足首に水がたまる症状
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
足に水がたまる原因と症状や治療について
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
足に水がたまる症状について
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
足に水がたまる病気の原因や治療について
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
足首に水がたまる症状と原因
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
足首や膝など水がたまる原因と治療について
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。