心不全 肺に水がたまる

心不全で肺に水がたまる仕組みと改善方法

スポンサーリンク

 心臓は全身に血液を送る大切な役割を担っています。
 血液には、身体を維持するために必要な酸素や栄養分が含まれています。
全身を回った血液は筋肉や臓器を巡り、心臓に戻ってきます。
これを血液循環といいます。
このため、心臓の機能が低下すると血液循環がうまくいかなくなり、心臓から送り出される血液の量が減ります。
身体は正常な状態を保とうとして心臓を大きくしたり、心拍数を上げたり、手足の血管を収縮させたりします。
しかし、長くは続かず心臓のポンプ機能はさらに低下し、足が浮腫んだり、肺に水がたまるなどの症状が現れるのです。
これが心不全となります。
特に肺に水がたまる症状は、胸膜腔にある胸水が吸収量が減少したり、産生が増加したりすることにより起こる症状で、心不全でよくみられる症状でもあります。
心不全は、高血圧、心筋症、心筋梗塞、狭心症などが原因で起こります。
その他、先天性心疾患、甲状腺の病気なども原因になることがあります。
肺に水がたまることで息切れや疲れやすい症状が出たり、動悸、四肢の冷感、尿量減少、浮腫、食欲不振、呼吸困難などの症状も現れます。
酷くなる前に内科受診することが大切です。

スポンサーリンク

 

病院では血液検査、胸部レントゲン撮影、心電図、尿検査、心エコー検査などを行います。
場合によっては心臓カテーテル検査を行います。
心不全の重症度を分類するNYHA心機能分類という診断法があります。
こちらを用いて重症度を判定します。
原因が分かれば、それに対する治療を行います。
治療はまず、心不全を悪化させる要因の除去から始まります。
禁煙、禁酒、塩分制限など生活習慣の改善を行います。
適度な運動も大切であるといわれています。
並行して原因疾患に対する治療となります。
高血圧、虚血性心疾患、弁膜症などに対しては薬物療法による治療が行われます。
その他、ペースメーカー植え込みにより心臓の動きを整えたりします。
肺はこれらの原因に対する治療を行っても、肺に水がたまる症状が続く場合があります。
これは、低栄養や肝障害が合併し低タンパク症になっている状態です。
こちらに対してはアルブミン補給などを行います。
また、肺炎が合併した場合には炎症や感染により肺に水がたまることもありますので、熱などの症状も見逃さないことが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

肺に水がたまる原因とは
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
肺に水がたまることと余命について
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
肺に水がたまる病気と原因
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
肺に水がたまるほど癌が進行しても
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
肺に水がたまる病気には肺がんなどがある
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
肺がんで水がたまる状態の場合に起きる症状及び余命について
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
高齢者に多い肺に水がたまる病気
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
肺に水がたまる病気とその治療法
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。