卵巣 水がたまる 原因 妊娠

卵巣に水がたまる原因は 妊娠はできるのか

スポンサーリンク

 卵巣に水がたまる病気を、卵巣嚢腫といいます。
たまる液体によっていくつか種類がありますが、卵巣の中に嚢腫という袋ができて腫れてしまう病気です。
9割は良性の腫瘍だといわれています。
初期段階ではあまり自覚症状があらわれないことから、婦人科検診の際に発見されることも多いです。
嚢腫が大きくなってくると、生理痛や腹痛、腰痛、頻尿、便秘などの症状があらわれたり、さらに肥大すると卵巣の根元が回転してしまう茎捻転になり、激痛、吐き気、発熱などが起こり、破裂したり、壊死する可能性があるので危険です。
危険な状態になるまで大きくならないよう、定期的に婦人科検診を受診し、チェックしておくことが大切になります。
水がたまる原因ははっきりとはわかっていません。
しかしながらストレスや交感神経の緊張などが原因となっているのではないか、といわれています。
それらの原因を除去するために、適度な運動をしたり、リラックスした時間を持ってストレスのない生活を送ることが、ひとつの予防法といえます。

スポンサーリンク

 

水がたまったときの治療法は、嚢腫が6センチ以下の場合は経過観察で済むことが多いです。
6センチ以上の大きさになると、茎捻転の危険があるため、嚢腫を除去する手術となります。
最近は腹腔鏡下手術によって摘出することが多いようですが、嚢腫の状態や大きさにより開腹手術が選択されることもあります。
では、卵巣に水がたまると妊娠はできないのでしょうか。
結論から言えば、妊娠は可能です。
水がたまっている状態でも排卵は起こり、基本的には嚢腫だけを除去する手術となるからです。
ただ、肥大化していたり、卵管に癒着しているようなことがあれば、卵巣ごと摘出することもあります。
その場合でも、卵巣は二つあるので、どちらか一方が残っていれば妊娠が可能であるというわけです。
また、妊婦検診の際に嚢腫が見つかることもよくありますが、経過観察になることが多いです。
ただ、嚢腫が卵管に癒着している場合には、不妊につながることがあります。
妊娠を希望している場合は、手術前に医師とよく相談して、治療法を決定しましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

卵巣に水がたまる原因について
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
卵巣に水がたまる原因と病気とは
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
卵巣に水がたまるとどのような症状が現れるか
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
卵巣に水がたまる病気とは
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
卵巣に水がたまる病気とその治療法は
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。