足首 水がたまる 治療

足首や膝など水がたまる原因と治療について

スポンサーリンク

 足に水がたまることで痛みや、日常生活に支障が出てしまうことがあります。
その原因について説明します。
まず、足首に起こる症状についてです。
足首で水がたまる場所は、くるぶしや足の甲が多いです。
こぶのように腫れて水がたまります。
原因は座り方です。
正座やあぐらによって床に着く部分に負担がかかり、骨と皮膚の間でクッションの役割をしている滑液包が炎症を起こしています。
滑液包は、炎症を治すために、中に入っている滑液を増やします。
滑液が増えた状態が水がたまっている状態なのです。
治療法は、痛みや腫れが軽い場合は、アイシングをして安静にします。
腫れが大きく、痛みも強い場合は受診します。
鎮痛剤を使用して患部を固定します。
水が多い場合は、注射器などで直接抜くこともあります。
予防するには、座り方を変えたり、座布団を使用するなど、負担をかけないことです。
足首の腫れは、細菌感染によって起こることも考えられるので、違和感を感じたら受診するべきです。

スポンサーリンク

 

次に、膝に水がたまる症状について説明します。
膝に水がたまるのは、加齢による関節の劣化が原因となることが多いです。
関節内で炎症が起こると、滑液を増やして治そうとします。
滑液が多くなると、関節内部の圧力が高くなり、不安定な状態となります。
さらに滑液に圧迫されて血流が悪くなることで悪循環となってしまいます。
膝に炎症が起こる原因は、加齢により軟骨が減り、骨同士がぶつかることや、関節リウマチなどの病気によるもの、ケガや、膝を酷使することです。
痛みや腫れによって、歩くと痛くなったり、曲げ伸ばしができないなどの支障が出ます。
治療法は、水を抜くことです。
これは一時的な処置で、原因を治さないと、また水がたまってしまいます。
その後は投薬治療を行います。
関節の潤滑をよくするためにヒアルロン酸やコラーゲンを関節に注射する方法もあります。
関節リウマチなどの病気では、人工関節に置き換える手術による治療法もあります。
このように、足首や膝に水がたまる原因と治療法があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

足首に水がたまる症状
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
足に水がたまる原因と症状や治療について
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
足に水がたまる症状について
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
足に水がたまる病気の原因や治療について
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
足首に水がたまる症状と原因
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
足に水がたまる症状や原因、治療について
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。