肺に水がたまる 原因

肺に水がたまる原因とは

スポンサーリンク

肺に水がたまるといった場合で最も多い原因となるのが肺水腫です。
 肺水腫とは肺胞の周囲の毛細血管から血液の液体成分がしみ出して肺胞の中にたまってしまう病気です。
 肺水腫には心臓の異常が原因で起こる心原性肺水腫と心臓の異常以外の原因で起こる非心原性肺水腫の2つのタイプがあります。
肺水腫になると肺胞内にたまった液体が酸素と二酸化炭素の交換を邪魔するため、酸素を体内に取り込みにくくなります。
そのため、息切れや喘鳴、顔色が悪くなって意識状態が悪化するなどの症状が現れるようになります。
また、肺水腫になると咳が多く出るようになりますが、咳をした時に血痰が出たり喀血したりすることもあります。
肺水腫の治療は症状が比較的軽い場合は薬物療法が行われますが、症状が進行している場合は外科手術を行って肺に溜まった液体を取り除かなければいけないこともあります。
また、重度の肺水腫の場合は呼吸困難になるので人工呼吸器を使用した治療が必要になることもあります。

スポンサーリンク

 

肺に水がたまるのは胸膜炎や肺がんなどの病気が原因である可能性もあります。
胸膜炎とは肺炎や心臓病、腎不全なの病気の影響で胸膜が炎症を起こして胸に水がたまる病気です。
胸膜炎になると胸に水がたまるだけでなく咳や胸の痛みなどの症状が現れ、症状が進行すると呼吸困難などの症状が現れるようになります。
肺がんになると咳や息切れ、痰などの症状が現れますが、症状が進むと胸に水がたまって呼吸困難を起こすことがあります。
肺がんになると高い確率で死に至るので注意が必要です。
肺に水がたまるのを予防するには生活習慣を見直すことが大切です。
食生活の見直しや日頃から運動をする習慣を身に付けるということも大切ですが、肺に水がたまるのを予防するために最も重要なことは禁煙をすることです。
喫煙をすると自分が様々な病気になりやすいだけでなく、受動喫煙によって周りの人の健康を害する可能性もあります。
そのため、なるべく早く禁煙をすることが大切ですし、受動喫煙を避けるためにお店では禁煙席を選ぶなどの対策も必要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

肺に水がたまることと余命について
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
肺に水がたまる病気と原因
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
肺に水がたまるほど癌が進行しても
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
肺に水がたまる病気には肺がんなどがある
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
肺がんで水がたまる状態の場合に起きる症状及び余命について
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
高齢者に多い肺に水がたまる病気
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
肺に水がたまる病気とその治療法
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
心不全で肺に水がたまる仕組みと改善方法
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。