肺に水がたまる病気 がん

肺に水がたまる病気には肺がんなどがある

スポンサーリンク

 肺に水がたまる病気の1つに肺がんがあります。
肺がんを発症するとほぼ全身にがんが転移する可能性がありますが、肺を包んでいる胸膜に転移するとがん性胸膜炎を発症します。
がん性胸膜炎を発症すると咳や胸の痛みなどの症状が現れるようになりますが、症状が進行すると胸水という液体が胸腔にたまるようになります。
胸水がたまると肺が圧迫される感じがしたり、軽い動作でも息切れをするようになったり、軽い咳が出たりするなどの症状が現れることもありますが、人によっては何の症状も現れないこともあります。
ただし、胸水が大量にたまると呼吸困難を起こして危険な状態になることもあるので自覚症状が現れたら早めに医師に相談することが大切です。
胸水の量が多い場合はドレナージという処置により胸水を抜き取りますが、さらに大量の胸水がたまっている場合は胸腔チューブを使って胸水を抜き取ります。
しかし、がんによる胸水は抜いてもすぐにたまってしまうことが多いため、胸膜癒着術によって胸腔をふさいでしまうこともあります。

スポンサーリンク

 

心不全も肺に水がたまる病気の1つです。
心不全を発症すると動悸や息切れ、呼吸困難などの症状が現れるようになります。
また、手足が冷えやすくなったり、ちょっとしたことでも疲れやすくなったりするようになります。
また、心不全を発症すると体静脈にうっ血が起こることで全身浮腫が起こり、その結果胸水がたまってしまうことがあります。
心不全が原因で胸水がたまる場合は病院で胸水を抜いた後、酸素と栄養を補給すれば症状を改善することが可能です。
また、病院で処方される薬では効果が見られない場合は漢方薬を服用すると効果が見られることもあります。
また、心不全による手のしびれを改善するためにはグーパー体操を行うのが有効とされています。
肺に水がたまる病気にはじん肺などもあります。
じん肺とはアスベストなどの粉塵による肺の疾患のことです。
じん肺の症状には咳や痰、息切れ、呼吸困難などがあります。
また、じん肺を発症すると肺がんに発展する可能性が高いとされています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

肺に水がたまる原因とは
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
肺に水がたまることと余命について
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
肺に水がたまる病気と原因
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
肺に水がたまるほど癌が進行しても
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
肺がんで水がたまる状態の場合に起きる症状及び余命について
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
高齢者に多い肺に水がたまる病気
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
肺に水がたまる病気とその治療法
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
心不全で肺に水がたまる仕組みと改善方法
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。