足に水がたまる病気

足に水がたまる病気の原因や治療について

スポンサーリンク

 足の関節などに水がたまり、痛みが出ることがあります。
足に水がたまる病気など、原因はいくつかあります。
足に水がたまる病気のひとつに関節水腫があります。
この病気の症状は、腫れや痛み、異物感や、熱を持つなどがあります。
水がたまっているのでぶよぶよとしている特徴があります。
水がたまる原因は、関節の炎症です。
炎症が起こると、関節内で、潤滑油などの役割をもつ滑液が、炎症を治すために多く分泌されます。
滑液が多くなっている状態を水がたまっていると呼びます。
治療法は、水を抜くことです。
水を抜くことで痛みが和らぎますが、安静が必要です。
その後、薬を使って治療が行われます。
変形性膝関節症も足に水がたまる原因です。
発症する原因ははっきりとわかっていませんが、老化現象のひとつであるとも考えられています。
関節が劣化し、軟骨が減るなどして、骨同士がぶつかることで、変形や炎症が起こり、足に水がたまってしまいます。
薬での治療や、運動療法などを行います。

スポンサーリンク

 

関節リウマチが原因で、足に水がたまることもあります。
関節リウマチは、免疫システムの異常により起こります。
関節の中にある、滑膜が攻撃対象とされてしまいます。
滑膜は滑液を作り、古くなった滑液を吸収する働きがあります。
この滑膜が攻撃されることで、炎症が起こり、滑液が多く分泌されるのです。
治療は、抗炎症剤や、免疫調整剤などの薬物療法がメインになります。
その他に運動療法なども行われますが、人工関節に置き換えるなどの手術による治療もあります。
外傷性関節炎によっても水がたまります。
打撲などのケガによって、関節に炎症が起きている状態です。
普通の打撲では血が集まり皮膚がパンパンとなっていますが、水がたまるとぶよぶよとします。
足にたまった水を抜くことが治療のひとつですが、足に水がたまる病気を治さない限り水がたまる炎症は続いてしまいます。
また、放っておくことで重症化してしまうことがあります。
違和感を感じたら早めに受診するべきです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

足首に水がたまる症状
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
足に水がたまる原因と症状や治療について
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
足に水がたまる症状について
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
足首に水がたまる症状と原因
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
足に水がたまる症状や原因、治療について
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
足首や膝など水がたまる原因と治療について
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。