肺がん 水がたまる 余命

肺がんで水がたまる状態の場合に起きる症状及び余命について

スポンサーリンク

 肺がんは、がんと呼ばれる病名の中でも最も代表的ながんの一つです。
一口に肺がんといっても、がん細胞が発生するパターンについては色々なケースが考えられます。
そのため、肺にできるがんがどのようなタイプに該当するのかを医師は見極めておく必要があります。
 肺にできるがんには、大きく分けると肺や気管支などを覆っている細胞である上皮細胞から発生するタイプのがんと、それ以外の細胞から発生するがんとに分かれています。
また、がんができるパターンについては小細胞肺がんと非小細胞肺がんに大別されています。
 肺にできるがんのうちおよそ1割を超えるくらいの確率で肺の小細胞にがんができます。
残りの8割が小細胞以外のところにがんができるといわれています。
 肺の小細胞にできるがんの場合、特徴としては進行がんの可能性が高くほかの臓器に転移しやすいという特徴があります。
 それ以外の場所にできるがんについては、進行する速さは少しゆっくりめですが放射線治療などの治療法が効き目があまりないという厄介な性質を持っています。
ただ、早期発見できればそこまで問題はありません。

スポンサーリンク

 

 肺がんによって生じる症状には咳が続いたり、痰に血が混じることがあります。
それから、がんが進行してしまうと肺に水がたまる状態になることもあります。
水がたまる状態にまで進行してしまうと、末期の肺がんである可能性があります。
 肺に水がたまることで呼吸困難を引き起こし、そのまま死に至る可能性もあります。
ですので、そうなる前に早期発見をしなければなりません。
 肺がんにかかった場合の余命についてですが、ステージ1の段階で早期発見ができれば5年生存率は90%ほどとなっていますが、ステージ2に進行してしまうと5年生存率は50%から60%ほどとかなり下がってしまいます。
腫瘍の大きさが小さければ、余命については気にする必要はありませんが大きければ5年生存率の数値があまりよくない傾向にあることを留意します。
 ステージ3にまで進行してしまうと、5年生存率は20%といわれています。
そして余命1年から2年と医師から診断されることが多いです。
ですので、ステージ2の段階のうちに治療を行うことががんを克服するためには必要だと考えたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

肺に水がたまる原因とは
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
肺に水がたまることと余命について
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
肺に水がたまる病気と原因
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
肺に水がたまるほど癌が進行しても
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
肺に水がたまる病気には肺がんなどがある
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
高齢者に多い肺に水がたまる病気
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
肺に水がたまる病気とその治療法
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
心不全で肺に水がたまる仕組みと改善方法
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。