心臓に水がたまる 治療

心臓に水がたまると水分制限の治療が行われます

スポンサーリンク

 心臓に水がたまる原因は、心臓の機能が低下して排出する機能が上手く働かくなったこことによって水がたまります。
主に心筋梗塞といった心臓疾患から発症していることが多く、治療としてまずは、心臓の水や身体のむくみなどを少なくするために摂取する水分量を制限します。
一日に摂取する水分量が決まっており、摂取するごとに分量を記録するなどし、体内の水分量を管理することによって心臓に水がたまるのを防ぎます。
主にこの治療は医療機関に入院して医師や看護師の管理の下に行われ、症状が改善後に心筋梗塞の症状の治療にも行います。
重度の心筋梗塞の際には、治療の優先順位は異なりますが、治療ではカテーテル手術にて心筋梗塞の症状を引き起こす心筋や血管内の手術を行います。
カテーテルと呼ばれる細い管を使って血管内を伝って心臓の患部を処置し、身体にメスを入れる箇所が少ないことから身体への負担も小さいとして近年、最も心臓の手術として用いられてる治療方法になります。

スポンサーリンク

 

心臓に水がたまる症状は、心臓疾患の疑いが強く、加齢や運動不足、食事の偏りといった生活習慣が大きくえ影響を及ぼします。
この症状は、心臓のみに水がたまるだけでなく、全身にも水がたまることから身体全体がむくみ、特に足を中心にむくみの症状が激しくなります。
むくみが起こることによって心臓自体の直接の処置が行えないことからまずはむくみを改善させる処置が行われます。
その後、心臓疾患の原因の治療を行います。
また、生活習慣から影響する疾患のために普段の食生活の栄養バランスを見直す食事療法やリハビリを通じて運動習慣の改善も行われます。
さらに生活習慣が乱れによる心臓疾患の多くは、生活習慣病である糖尿病や高血圧といった疾患も併発しています。
このため、生活習慣病についての診療も行われ、トータル的な処置も行われます。
生活習慣病の進行を抑えることによって心臓に水がたまる要因となっている心臓疾患の症状も抑えることが出来ます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

心臓に水がたまる原因とは
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
心臓に水がたまるという表現は余命が少ないということ
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
心臓に水がたまる症状があれば治療を受ける必要があります
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
心臓に水がたまる症状の病名とは
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。