打撲 水がたまる

打撲など水がたまる原因と症状と治療法について

スポンサーリンク

 足の痛みは、水がたまることが原因となっていることがあります。
なぜ足に水がたまるのか、その仕組みについて説明します。
関節は、関節包で包まれていて、関節の中には滑液が入っています。
滑液は、軟骨の栄養源となる他に、潤滑剤などの働きがあります。
関節が炎症を起こすと、治すために滑液が多く分泌されます。
この状態が水がたまるということです。
水がたまっていると、関節の中の圧力が高くなり不安定となります。
滑液に圧迫されることで血流が悪くなり痛みがでます。
歩く時に痛みが出たり、正座ができないなど曲げ伸ばしができなくなり、生活に支障が出ます。
また、痛みを感じるため動かなくなることでさらに血行が悪くなり、悪循環となってしまいます。
見た目でもわかるほどに腫れることもあります。
膝の場合、触ると膝のお皿がプヨプヨと浮いているように感じます。
熱を持っていることもあります。
このように、炎症が起こることで色々な症状が出てきます。

スポンサーリンク

 

炎症が起こる原因について説明します。
まず、加齢によって関節が弱くなっていることが挙げられます。
クッションの役割がある軟骨が減り、骨同士がぶつかることで炎症が起こります。
骨や軟骨の破片を洗い流そうとすることで滑液が増えることもあります。
病気が原因で水がたまることもあります。
関節リウマチや、老化が原因とも言われている変形性膝関節症などの病気です。
その他に打撲でも水がたまることがあります。
骨と皮膚の間に滑液包があり、打撲で滑液包が吸収できないほどの衝撃を受けると炎症を起こしてしまいます。
また、打撲により関節内部に炎症が起こることもあります。
普通の打撲は血が集まり皮膚がパンパンとしていますが、水がたまるとぶよぶよとしています。
治療法は、たまった水を抜くことです。
抜くと痛みが和らぎますが安静にする必要があります。
この処置は一時的なものなので原因を治す必要があります。
痛みを和らげたり、関節を再生する薬を使って治療します。
関節の変形が起きている時などは、手術による治療法もあります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

打撲など膝に水がたまる原因と対処法について
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
膝に水がたまる原因と治し方
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
膝に水がたまる際の自然治癒法と改善するには
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
膝に水がたまる症状の原因や自然治癒など対処法について
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
肘、膝、足首などに水がたまる原因と治療について
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。