卵巣に水がたまる 症状

卵巣に水がたまるとどのような症状が現れるか

スポンサーリンク

 卵巣に水がたまるのは卵巣嚢腫という良性の腫瘍が原因である可能性があります。
卵巣嚢腫とは様々な液体が卵巣に溜まることでできる袋状の腫瘍のことで、液体の種類によって漿液性嚢腫や粘液性嚢腫、チョコーレート嚢胞などに分けられます。
チョコレート嚢胞は血液が溜まることでできますが、チョコレート嚢胞ができることはまれです。
卵巣嚢腫ができて卵巣に水がたまると初期症状として腰痛や下腹部痛などが現れることもありますが、初期段階で自覚症状が現れることはほとんどありません。
しかし、卵巣嚢腫が大きくなると腰痛や下腹部痛が強くなったり、生理痛が悪化したり、頻尿や便秘などの症状が現れたりすることがあります。
そして、卵巣嚢腫がさらに大きくなると卵巣嚢腫茎捻転を起こして突然下腹部に激痛が走ったり、発熱や吐き気などの症状が現れたりすることがあります。
また、卵巣嚢腫が肥大化し過ぎると卵巣を突き破って卵巣破裂を引き起こし、激しい頭痛や嘔吐などの症状が現れることもあります。

スポンサーリンク

 

卵巣嚢腫の大きさが6mm以下の場合は経過観察で済むこともありますが、卵巣嚢腫ができても初期段階では自覚症状が現れないことがほとんどなので発見時には6mmを超えていることが多いです。
卵巣嚢腫の大きさが6mmを超えている場合は卵巣嚢腫摘出手術を行って嚢腫部分だけを摘出するのが一般的です。
嚢腫が大きい場合は開腹手術が必要になることもありますが、嚢腫がそれほど大きくない場合は体への負担が少ない腹腔鏡下手術で摘出できる場合もあります。
また、嚢腫が肥大化し過ぎている場合や卵巣破裂を起こしている場合などは卵巣自体の摘出が必要になることもあります。
卵巣に水がたまっても排卵は起こりますし、嚢腫部分を摘出しても卵巣の機能は維持されます。
また、卵巣は左右に1つずつあるので一方の卵巣を全て摘出しても一方の卵巣が残っていれば妊娠は可能です。
つまり、通常は卵巣に水がたまることで不妊になるということはありません。
2つの卵巣に同時に嚢腫ができた場合は不妊になってしまうこともありますが、そういったケースはまれです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

卵巣に水がたまる原因について
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
卵巣に水がたまる原因と病気とは
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
卵巣に水がたまる病気とは
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
卵巣に水がたまる病気とその治療法は
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
卵巣に水がたまる原因は 妊娠はできるのか
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。