膝に水がたまる 治し方

膝に水がたまる原因と治し方

スポンサーリンク

 足の痛みの種類といえば、関節痛や、神経痛などがありますが、水がたまることで痛みが発生することがあります。
水がたまる場所と言えば膝が多いです。
膝に水がたまる原因や治し方について説明します。
膝の関節には、関節を包む関節包があり、滑液というものが入っています。
滑液は軟骨の栄養源になるものですが、関節に炎症が起こると増え、この状態が「膝に水がたまる」状態なのです。
関節に水がたまると圧迫されて血行が悪くなります。
血行が悪くなることで痛みが出ます。
動くと痛いので自然と動かなくなります。
動かないことでさらに血行が悪くなり、痛くなるという悪循環が続きます。
膝に炎症が起こる原因は、加齢によって関節が弱くなることです。
クッションとなる軟骨が減るなどして、骨同士がぶつかり炎症が起こります。
また、リウマチや、変形性膝関節症などの病気が原因の場合もあります。
その他では、膝を酷使するスポーツや、その練習が原因であったり、長時間立ちっぱなしでいることも原因です。

スポンサーリンク

 

治し方は、膝に水がたまることで痛みが出ているので、その水を抜くことです。
膝に水がたまると腫れたり、曲げ伸ばしができないなど普段の生活にも影響が出ます。
注射器を使用して膝から直接水を抜きます。
この治療により痛みや違和感が消えますが、一時的な処置なので、また水がたまってしまいます。
とくに、リウマチや変形性膝関節症などの病気が原因の時は、病気を治さないと水がたまってしまいます。
水を抜いたら投薬を行います。
痛みを和らげ、関節を再生させます。
効果が現れない時は使用する薬を変えて治していきますが、それでも効果がないときは手術を行います。
膝が変形してしまっているときは人工関節を使用します。
以上が一般的な治し方ですが、ヒアルロン酸やコラーゲンを注射する方法もあります。
簡単な応急処置として、アイシングがあります。
氷水で10分から15分冷やすことを数回行います。
スポーツの後に行えば炎症がひどくなるのを防ぐことができます。
以上が原因と治し方です。
早めに治療を開始することで悪循環になることを防げます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

打撲など膝に水がたまる原因と対処法について
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
打撲など水がたまる原因と症状と治療法について
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
膝に水がたまる際の自然治癒法と改善するには
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
膝に水がたまる症状の原因や自然治癒など対処法について
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
肘、膝、足首などに水がたまる原因と治療について
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。