足に水がたまる 原因

足に水がたまる原因と症状や治療について

スポンサーリンク

足に水がたまるというのは、関節を包む関節包という場所に、滑液という液体が多くたまっている状態です。
膝関節について説明します。
原因は、関節の炎症です。
炎症が起きる原因は、加齢によって関節のクッションの役割をする軟骨が減り、骨同士がぶつかってしまうことです。
病気が原因になっていることもあり、リウマチや変形性膝関節症により足に水がたまることがあります。
その他には、スポーツやその練習、立ちっぱなしや歩き仕事など、膝を酷使することでも足に水がたまるのです。
関節の中に滑液がたまると、滑液に圧迫されて血流が悪くなり痛みが出ます。
動くと痛いので、動かないようにすると、さらに血流が悪くなり滑液たまるという悪循環になっているのです。
滑液は炎症が起きると多く分泌されます。
それは、炎症を治すために増えているのです。
関節内に軟骨の破片がある場合も、破片を異物とみなして流そうとするために増えます。
このような原因から、水がたまったら対策をとらなければならないです。

スポンサーリンク

 

足に水がたまると、腫れたり痛みが出ます。
歩くときに痛みが出て、腫れていることなどから曲げ伸ばしがしづらくなり、正座ができなくなります。
膝のお皿を触ってみると、プヨプヨと浮いているような感じがします。
治療方法は、水を抜くことです。
注射器で直接関節から抜き取ります。
水を抜くと、痛みが取れ、関節が動きやすくなることに驚く人もいますが、これは一時的な処置で、原因を取り除かなければ再び水がたまります。
水を抜いた後は安静が必要です。
一時的な処置として水を抜いた後は、投薬をします。
痛みを和らげる薬や、関節を再生する薬を使用します。
関節の潤滑のために、ヒアルロン酸やコラーゲンを注射する方法もあります。
いくつかの投薬で効果がなかったり、関節が変形しているときは、人工関節を入れる手術になります。
水がたまらないように炎症を予防するには、運動やストレッチ、入浴で血流を良くすることです。
予防することもできますが、放置すると悪化してしまうこともあるので、異常を感じたら病院での治療が必要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

足首に水がたまる症状
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
足に水がたまる症状について
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
足に水がたまる病気の原因や治療について
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
足首に水がたまる症状と原因
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
足に水がたまる症状や原因、治療について
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
足首や膝など水がたまる原因と治療について
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。