卵巣 水がたまる 原因

卵巣に水がたまる原因について

スポンサーリンク

 卵巣は排卵や女性ホルモンの分泌が行われている重要な器官になっていて、様々なタイプの腫瘍ができてしまいやすいとも言われています。
ですが、左右二つあるので、どちらかにトラブルが起こってしまったとしても機能的には問題はありませんし、自覚症状が出にくいといった問題が生じてしまいます。
超音波検査をすることによって腫瘍を見つけるのは簡単になっているので定期的に検診を受けることが大切になってきます。
卵巣に水がたまる原因としては、代表的なものになっているのが、卵巣嚢腫があります。
この病気は腰痛や腹痛を起こしてしまったり、トイレが近くなってしまったりすることがありますが、腫瘍がまだ小さい場合には自覚症状があまりないのが特徴になっています。
ですが、大きくなってくることによって子供の頭ほどの大きさになってしまい、お腹が膨れてきてしまうことになります。
卵巣嚢腫の原因は明確にはなっていませんが、卵子の分裂に何かしらのトラブルが発生したために起きてしまうという考えがあります。

スポンサーリンク

 

卵巣嚢腫にはいくつかの種類が存在しています。
極端に大きいものでない場合は、放っておいたとしても特に害はなく、自然に消滅してくれることもあります。
ですが、大きくなっていてしまうことによって破裂してしまうこともあり、危険なので処置を行っていく必要が出てきます。
粘液性嚢腫は更年期以降の女性に多い症状になっていて、片側だけ腫れてしまうことが多くなっています。
そして、ネバネバとしている水がたまるといった特徴があります。
これは極めて大きくなってしまうケースもあり、悪性化してしまうこともあるので、注意深く観察していかないといけません。
皮様嚢腫は、腫瘍の中でに脂肪や歯、髪などが含まれてしまう症状になっています。
この症状は未受精卵が勝手に分裂してしまったことが原因になっています。
卵巣嚢腫は、開腹手術を行ったり、腹腔鏡下手術で治療していくことになります。
このように卵巣に水がたまる原因は様々なことが考えられます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

卵巣に水がたまる原因と病気とは
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
卵巣に水がたまるとどのような症状が現れるか
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
卵巣に水がたまる病気とは
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
卵巣に水がたまる病気とその治療法は
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
卵巣に水がたまる原因は 妊娠はできるのか
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。