膝 打撲 水がたまる

打撲など膝に水がたまる原因と対処法について

スポンサーリンク

 膝が痛いと感じる原因はいくつかありますが、その一つは水がたまることです。
 関節には滑液包というものがあります。
 滑液包には滑液が少量入っていて、衝撃を吸収する役割があります。
 関節に炎症が起こると、炎症を治すために滑液が多くなります。
 これが水がたまるという状況です。
関節に炎症が起こる原因は、関節の劣化です。
加齢によって、クッションとなる軟骨が減り、骨同士がぶつかることで炎症が起こります。
リウマチや変形性膝関節症などの病気が原因であったり、スポーツなどで膝を酷使していることも膝に水がたまる原因になります。
また、打撲などの外傷が原因でも起こります。
滑液包は、骨と皮膚の間にあり、衝撃を吸収する働きをしていますが、転倒などの打撲で、吸収できないほどの衝撃が加わると損傷して水がたまることがあります。
普通の打撲では、血が集まり皮膚がパンパンとしますが、打撲によって水がたまると、ぶよぶよとする特徴があります。

スポンサーリンク

 

対処法は、水を抜くことです。
水がたまっていると、腫れたり、歩くときに痛みが出るなど生活に支障が出るだけでなく、血行が悪くなることで悪循環になります。
ただ、水を抜くのは一時的な対処で、原因を治さないと、また水はたまってしまいます。
たまった水は抜くだけではなく、色などから原因がわかります。
原因となる病気がわかれば、水を抜かずに投薬で治療することもできます。
投薬による治療では、痛みを和らげたり、関節を再生する薬を使用します。
それでも症状が治まらないときなどは、手術をすることもあります。
リウマチや、関節が変形してしまっているときは、人工関節に置き換える手術をする方法もあります。
打撲によって水がたまっているときも、早めに対処します。
放っておくと重症化する恐れがあります。
その他にも治療法があり、ヒアルロン酸やコラーゲンを膝関節に注射する方法があります。
関節内の潤滑を良くする効果があります。
打撲の後など、膝に違和感を感じたら早めに検査をするべきです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

打撲など水がたまる原因と症状と治療法について
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
膝に水がたまる原因と治し方
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
膝に水がたまる際の自然治癒法と改善するには
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
膝に水がたまる症状の原因や自然治癒など対処法について
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。
肘、膝、足首などに水がたまる原因と治療について
便秘の原因や症状や便秘改善や便秘解消方法あれこれです。